fc2ブログ

乱舞-幻想の世界 ~西石見地区は県内最大級の蛍生息地~

6-22-Y-04.jpg
撮影地:益田川(大谷町内)

私たちが蛍の乱舞に強い関心を持ったのは、記憶が正しければ平成5年(1993年)頃で、振り返れば蛍の撮影をはじめて30年目となります。乱舞撮影をするにあたって試行錯誤を重ね、この4~5年ほど前から、やっとイメージに近い写真撮影が可能となりました。

私が蛍を撮影する際のこだわりは、複数の撮影データを組み合わせて処理を行う「比較明合成」ではなく、いわゆる「1枚撮り」での撮影です。
これまでの撮影でわかってきたことは、西石見地区は、県内でも指折りの蛍の生息地であるということでした。特に、津和野川(津和野町部栄(ぶさか)地区)、沖田川(益田市下種町内)、三谷川(美都町久原地区)、二条川(益田市柏原町内)は、蛍の保護活動も活発で、素晴らしい生息地となっています。
今回の「キラリ!石見の光と風」では、西石見地区の蛍の乱舞をご紹介します。今の時期限定の幻想的な景色をお楽しみください。

なお、6月6日(月)から6月27日(月)までの期間、島根県を基盤にスーパーマーケットを展開しているキヌヤさんの中吉田店で、蛍撮影30年を記念した写真展「乱舞~幻想の世界」を開催しています。この様子は、地元ケーブルテレビジョン・ひとまろビジョンさんの番組内で6月15日(水)に放映予定です。近くに立ち寄られる機会がございましたら、どうぞ、ご覧ください。
今後も、美しい乱舞の世界が撮影できるよう、がんばっていきたいと思います。

5-18-Y-01.jpg
撮影地:益田川(大谷町内)

5-18-03-A3.jpg
撮影地:三谷川(美都町久原地区)

5-18-02-A3.jpg
撮影地:沖田川(益田市下種町内)

6-4-Y-02.jpg
撮影地:津和野川(津和野町部栄地区)

6-1-Y.jpg
撮影地:二条川(益田市柏原町内)

6-1-01.jpg
撮影地:吉賀川(吉賀町田野原)

7-7-01.jpg
撮影地:津和野川(津和野部栄地区)

DSC3457-o.jpg
撮影地:二条川(益田市柏原町内)

DSC_3705-o.jpg
撮影地:津和野川(津和野町邑輝)

FH000006.jpg
撮影地:石谷川(匹見町内谷口)

(掲載文章・写真すべて フォトクラブ高津川21 会長 吉﨑佳慶)
スポンサーサイト



「美しく輝く紫色のカタクリ」~吉賀町蔵木と大潮地区(周南市)~

DSC_6725.jpg
“美しく輝く紫” 愛らしく上品なカタクリの花が人気です。

益田市内にある島根県立万葉公園には、万葉集に登場する植物がすべて植栽されています。このような公園が身近にあることは、地元住民にとっても誇らしいことだと感じます。
以前から私たち「フォトクラブ高津川21」は、万葉集に歌われているカタクリの花におおいに興味を持っていましたが、昨年、吉賀町に隣接する大潮地区(周南市)の住民の裏山に大規模な植栽がなされていることを知りました。10数年以上前から植栽されてきたという大潮地区のカタクリの花の撮影許可を得られたことにより、今回、以前から撮影してきた吉賀町蔵木のカタクリと共に、「カタクリの花展」としてご紹介します。

DSC_3178.jpg
① 島根県立万葉公園の園内に掲示されている万葉歌の札

DSC_1461.jpg
② 吉賀町蔵木には中規模のカタクリ群生地があり、毎年、県内外からのカメラマンで賑わいます。

DSC_7120.jpg
③ 吉賀町蔵木にて撮影

DSC_7130.jpg
④ 吉賀町蔵木にて撮影
③、④共に、素晴らしい紫色に撮影できました。

DSC_6792.jpg
⑤ 吉賀町蔵木にて撮影

DSC_6730.jpg
⑥ 大潮地区(周南市)にて撮影

DSC_6852.jpg
⑦ 大潮地区(周南市)にて撮影
⑥、⑦は、いずれも可憐な姿と紫が美しいです。

DSC_6840.jpg
⑧ 輝く紫が愛しいです。

DSC_1426.jpg
⑨ 吉賀町蔵木にて撮影

DSC_6751.jpg
⑩ 

DSC_6803.jpg
⑪ 大潮地区(周南市)にて撮影
⑩、⑪共に、二輪の美しさが引き立ちます。

(掲載文章・写真すべて フォトクラブ高津川21 会長 吉﨑佳慶)

「染井吉野」桜満開!

DSC_2864.jpg
「射手」 的を射る勇壮な姿の射手に拍手!

西石見の各地では4月1日~4月6日頃まで気温15~20℃の日和にも恵まれて百花繚乱となりました。
目に映る風景がまさに春色に染まる中、お花見などのイベント、行事などで大変にぎわっていました。
今年は、各学校の入学式まで日和と桜が持ちこたえてくれそうだと感じながら取材と撮影を行いました、
西石見を中心に季節の風景を撮影するようになりずいぶんと長くなりますが、桜の見ごろが今年のように長く続くのは初めての体験となりました。本当に嬉しい限りです。
天候にも恵まれ、今回はがんばって13ヶ所の春景を撮影してまいりました。どうぞ、お楽しみください!

DSC_6612.jpg
「丸茂の八幡宮」 昨年から疾病退散ののぼりを立てて“コロナ退治”にがんばっています。

DSC_2796.jpg
「益田川の土手」 市民に最も好感が持たれている散歩コースのひとつです!

DSC_6645.jpg
「横田地区後川の桜」 毎年4月になると花見でにぎわう、横田地区の川です。

DSC_2800.jpg
「ひだまりパークゴルフ広場の桜」 益田市内最大の桜の名所で、グランドゴルフ公式会場としても日本一の規模です。

DSC_6625.jpg
「今日も満員!」 ひだまりパークゴルフ場は最高の人気もの!

DSC_6673.jpg
「西光寺(津和野町畑迫)の桜」 お地蔵さまのエプロンと桜がナイスフィット!

DSC_2951.jpg
「青野山と桜」 津和野町の名山・青野山と桜の取り合わせ。とても美しい!

DSC_2945.jpg
「さぎ舞神事の像」 津和野町の名物行事は8月に開催されます。

000011.jpg
「津和野の流鏑馬神事」 満開の桜の下で3年ぶりに行われました。好天にも恵まれ約1万人近い見物客でにぎわいました。

DSC_2786.jpg
「益田川の土手の桜」 益田市内ではいちばんの桜の名所です。

DSC_6652.jpg
「種の川下桜公園」 昭和58年の記録的な水害のあと、平成7年に180本の桜を植栽してつくられました。市内ベスト3に入る桜の名所です。

DSC_6545.jpg
「住吉公園」 古くから益田市内では有名な桜の名所でもあります。

000001.jpg
「ライトアップ」 益田川の土手の桜は夜になるとライトアップされ、大にぎわいです!

DSC_6542.jpg
「菜の花と」 日原・池村付近の国道9号沿いの空き地に、今年から菜の花がお目見えしました、遠くにある桜と合わせて素敵な風景です。

000013.jpg
「花吹雪」 4月5日頃になると時折、突風が吹き始めます。この写真の撮影日、期待どおりの突風が吹き、花吹雪の景色となりました。

(掲載文章・写真すべて フォトクラブ高津川21 会長 吉﨑佳慶)

春を待つおひなさま(令和4年2月2日~4月3日)

DSC_2531.jpg
ひな人形展の飾り付け体験をするさと山保育園児の子どもたち


令和4年1月27日(木)から2月20日(日)にかけて島根県内に適用されていた「まん延防止等重点措置」の終了を受け、島根県内の集客施設の営業も再開され始めました。津和野町国指定名勝の旧堀家庭園と主屋、楽山荘内では「ひな人形展」が、例年より1週間遅れて開催されています。今回の人形展では各会場合わせて20組の段飾りなど約250体以上の人形が、地元NPO団体「旧堀氏庭園を守り活かす会」のみなさんの手により飾り付けられ、会場は一気に春めいた雰囲気に包まれています。
また、今年のひな人形展では、地元町内のさと山保育園(同町木部町)の年長児6人が七段飾り(楽山荘入口に設置)の人形の飾り付け作業を体験。飾り付け後は、みんなで『うれしいひなまつり』を歌って、ひと足早いひな祭りを祝いました。(※取材日2/24)



《ひな人形展・入館料》
一般500円/中高生300円/小学生200円 ※月曜日は定休日(月曜日が祝日の場合は翌日がお休み)

DSC_2563_2022030712422221e.jpg
やっと梅が開花し、春も間近に!

DSC_2494.jpg
残雪が見られる堀庭園

DSC_2454.jpg
主屋や楽山荘の部屋に飾られた人形たち

DSC_2463.jpg
それとなく窓辺に飾られた6体の人形たちが見る人を喜ばせます。

DSC_2490.jpg
楽山荘の七段飾りが庭園とマッチして素敵な雰囲気が漂います。

DSC_2488.jpg
楽山荘のひな人形と庭園の展示

DSC_2433.jpg
主屋の和人形も素敵です。

DSC_2538.jpg
楽山荘の床の間とひな人形たち

DSC_2432.jpg
主屋のフランス人形

DSC_2431.jpg
主屋の段飾り

DSC_2437.jpg
主屋に置かれた電話機と人形たち

DSC_2413.jpg
主屋の段飾り

DSC_2533_20220307124410669.jpg
主屋の段飾り

DSC_2414.jpg
この部屋だけで6つの段飾りの展示があり、とても豪華で感激しました!

DSC_2477.jpg
楽山荘の床の間

DSC_2530.jpg
さと山保育園児たちによるおひな様の飾り付け体験の様子。みんな、とても楽しそうでした!

DSC_2400.jpg
主屋の段飾り

DSC_2448.jpg
楽山荘の段飾り

DSC_2424.jpg
楽山荘の段飾り

DSC_2537.jpg
楽山荘の段飾り

DSC_2427.jpg
主屋の段飾り

DSC_2423.jpg
主屋の段飾り

DSC_2501.jpg
取材を行った2月24日は、一気に春を感じる暖かい日でした。

(掲載文章・写真すべて フォトクラブ高津川21 会長 吉﨑佳慶)

「大井谷棚田の灯火12景」をご紹介 ~4色に変化するライトが幻想的な夜を演出~

DSC_5836-PC.jpg

「日本の棚田百選のひとつ、吉賀町白谷の「大井谷の棚田」で、11月28日からライトアップが始まり、連日にぎわいを見せています。今回のライトアップは、宝くじの助成金を元に自治会が設置したものです。
前回、奥出雲町から借用したイルミネーションでライトアップをした経験を元に、2,800本の希望の灯(LED)が用意され、赤・金・緑・紫の4色の光が15分間隔で変化しながら、棚田の風景を優しく、美しく、暖かく照らし出しています。
特に、棚田ならではの曲線美が絶景を生み出しています。

大井谷の棚田は室町~江戸期に築かれたもので、最盛期には1,000枚以上の棚田があり、約600年もの間、地元で引き継がれてきたと言います。
ライトアップの主催者、助はんどの会(棚田保全の会)の皆様は、「ライトアップで少しでも地域をにぎやかにしたい」との思いで頑張っているとのことです。なお、今回の点灯期間は、令和4年1月中旬までを予定しています。

◆ 大井谷棚田のライトアップは、国道187号沿いにある道の駅「かきのきむら」の近くで行われています。
〈問合せ〉 吉賀町産業課 TEL:0856-79-2213

DSC_5996.jpg
〈赤色〉

DSC_2111.jpg
〈赤+金 ~赤から金色へ変化します〉

DSC_6000.jpg
〈金色(黄色)〉

DSC_6002.jpg
〈金+緑 ~金から緑へと変化〉

DSC_5988-2.jpg
〈緑〉

DSC_5990-2.jpg
〈緑+紫 ~緑から紫へと変化〉

DSC_5994.jpg
〈紫色〉

DSC_6009-3.jpg
〈紫から赤へと変化〉

DSC_2145-3.jpg
〈神社(剣玉神社)と赤色のライトアップ〉

DSC_2117-3.jpg
〈神社と金色のライトアップ〉

DSC_2123-3.jpg
〈神社と緑色のライトアップ〉

DSC_2127-3.jpg
〈神社と紫色のライトアップ〉

(掲載文章・写真すべて フォトクラブ高津川21 会長 吉﨑佳慶)