スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清流・高津川水系で憩うオシドリ

オシドリは冬の訪れを告げる渡り鳥です。
益田市匹見町を流れる匹見川では、仲睦まじく泳ぎまわったり、餌をついばむ姿が見られます。

もともと雄鳥の方が羽色が美しいのですが、恋の季節のこの時期は、雌鳥を求めてハンサムぶりをアピール。姿かたちはいつにも増してあでやかになると言われています。

雌雄いつも寄り添っているオシドリ。夫婦(めおと)仲の良さを表す「オシドリ夫婦」の語源にもなっています。

匹見川は、清流日本一の高津川の支流です。自然豊かでオシドリの餌になる水生昆虫やドングリなど木の実が豊富で、水質も優れています。山陰では、鳥取県西部を流れる日野川とともに、オシドリの代表的な飛来地となっています。

1.jpg
《現在、あちこちの淵でオシドリが集団見合いをする姿が見られる》

2.jpg
《雄2羽と雌1羽の微妙な関係》

3.jpg
《餌を求めて集団行動》

4.jpg
《カップルが誕生しそうな気配》(写真提供(全て)・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト

実りの秋を祝って棚田まつり

「日本の棚田百選」に認定されている吉賀町柿木・大井谷地区では、例年10月に棚田まつりが開催されます。
今年は、10月13日(日)に「第16回大井谷棚田まつり」として開催されました。

DH000026.jpg

国内でも有数の景観を誇る640枚余りの棚田を背景に様々なイベントで実りの秋を祝いました。
毎年、この時期の棚田を楽しみにしている県内外のリピーターも多く、地元の旬のおもてなしを満喫していました。

DH000028.jpg
《棚田の中に設営された特設会場》

DH000029.jpg
《無料サービスの豚汁に舌づつみ》

DH000017.jpg
《新米のすくい取り大会》

DH000016.jpg
《もちを拾う来場者たち》

DH000039.jpg
DH000021.jpg
DH000019.jpg
DH000050.jpg
《特設ステージのメインイベント・石見神楽に来場者も大喜び》(写真提供(全て)・フォトクラブ高津川21)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。