スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春らんまん~桜2題~

石見地方は全国的に見ても桜の話題には事欠かない地域です。
今回は、著名な一本桜をご紹介します。


■益田・医光寺のしだれ桜

益田市染羽町、医光寺の国史跡・雪舟庭園で樹齢約450年のしだれ桜が満開となり、県内外からの観光客で賑わいました。庭園は、室町時代の画聖・雪舟の作庭と伝えられ、四季を通じて絶景が楽しめます。


《鶴をかたどった池の上咲き誇るしだれ桜》

sakura2.jpg
《書院からしだれ桜を賞でる観光客たち》

sakura3.jpg
《すだれのように垂れる薄紅色が庭園に映える》

sakura4.jpg
《美しいしだれ桜の姿に感激!》


■国の天然記念物・三隅大平桜

推定樹齢は約660年。品種は「三隅大平桜」として分類され、若芽は黄色で彼岸桜、枝葉は山桜と、両方の性格を併せ持つ貴重な品種の桜です。花はきれいな白色で、満開時にはその枝振りの雄大さからまるで「雪の小山」を見るようです。今年は4月上旬に満開を迎え、観光客の姿が絶えません。

三隅大平桜「さくら祭り」4月5日(土)、4月6日(日)

sakura5.jpg
《樹高17m、枝張り東西24m、南北30mの巨木》

sakura6.jpg
《朝霧の中での幻想的な姿 その1》

sakura7.jpg
《朝霧の中での幻想的な姿 その2》

sakura8.jpg
《まるで「雪の山」のような姿に見えるライトアップは夜10時まで》(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。