スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜乱舞~雨乞い神事~

6月15日(日)、島根県吉賀町、津和野町、益田市を流れる高津川の水源地・大蛇ヶ池で伝統の「雨乞い神事」が行われました。

amagoi00.jpg
《大蛇ヶ池(だいじゃがいけ)》

わらで編んだ巨大な竜を担いだ保存会のメンバーが神聖な池に飛び込み、勇壮な祭りを展開。
県内外から集まった大勢の観光客やカメラマンは、迫力満点の神事に沸きました。
なお、この神事は毎年6月の第3日曜日に開催されています。

amagoi01.jpg
《一本杉神社の全景》

amagoi02.jpg
《神事が行われる数時間前より待機をする観客》

amagoi03.jpg
《今年から保存会に参入した3人のニューフェイス》

amagoi04.jpg
《推定樹齢1000年、高さ20mの一本杉の根本に鎮座する竜(長さ9m)》

amagoi05.jpg
《神事に先立ち、一本杉神社に参拝する保存会のメンバー》

amagoi06.jpg
《竜を担いで水源公園に集まった観客の間を練り歩く》

amagoi07.jpg
《神事直前、竜にお神酒を呑ませる所作が行われる》

amagoi08.jpg
《大蛇ヶ池に突入》
「わっしょい、わっしょい」の掛け声と共に公園を2周して大蛇ヶ池に突入!
竜が乱舞して、神事はクライマックスを迎える。

amagoi09.jpg
《神事の締めくくり》(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
最後は、県の名樹100選に指定されている一本杉に竜を担ぎ上げ、竜が昇天する姿を表現して降雨を願う。
スポンサーサイト

速報・ゲンジボタル乱舞~益田市沖田川~

hotaru01.jpg
《写真右上には民家の明かりも見える》

益田市内の沖田川上流域の益田市下種町では、ホタルの乱舞がピークを迎えています。
夏の風物詩でもあるホタルの乱舞。県西部の津和野川、三谷川、益田川、二条川などが有名な鑑賞スポットとなっています。
津和野川は昨夏の水害の影響で、今年は厳しい状況ですが、今回、写真した沖田川は西石見地方でも最大のホタル狩りのスポットです。なお、三谷川、二条川などでも、今が見ごろです。

[交通]グラントワから車で約20分

hotaru02.jpg
《乱舞するゲンジボタル》

ホタルは日没後の午後8時頃から、淡い光を放ちながら一斉に飛び立ちます。
数百匹のゲンジボタルが乱舞する幻想的な光景。まさに「フィールドミュージアム」そのものです。

hotaru03.jpg
hotaru04.jpg
《草むらで羽を休めるホタル》

hotaru05.jpg
《交尾の様子》

hotaru06.jpg
《昼間の沖田川の光景》 ※写真2枚目の夜の光景と見比べてみてください。

hotaru07.jpg
《1匹のホタルの幼虫が成虫になるまでの間に、約20個のカワニナ(巻貝)を食べます》
(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。