スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の精進を誓う~寒稽古~

kangeiko15_1.jpg
《冬の季節の荒々しさを見せる持石海岸》

去る1月11日(日)、益田市空手道連盟に所属する小学生から社会人までの約90人が、寒風吹きすさぶ持石海岸で寒稽古を行いました。この稽古は20数年続いているもので、今ではすっかり冬の風物詩となっており、毎年、県内外から多くのカメラマンも訪れて賑わいを見せています。

稽古の参加者は、柿本神社で武運と安全を祈願した後、益田市喜阿祢町まで5kmのランニングを行います。その後、日本海の荒波が打ち寄せる砂浜に並んで、指導員の掛け声に合わせ本格的な鍛錬をはじめます。寒稽古を終えた中学生の男の子は、「寒かったけれども心も体もすっきりとした」と満足そうな顔で話していました。

kangeiko15_2.jpg
《寒風の持石海岸を全員でランニング》

kangeiko15_3.jpg
《寒稽古は武道の基本「挨拶」から始まる》

kangeiko15_4.jpg

kangeiko15_5.jpg

kangeiko15_6.jpg
《全員で砂浜に並び、基本練習をみっちりと行う》(上記3枚)

kangeiko15_7.jpg
《稽古の仕上げは全員で正拳を繰り出す》

kangeiko15_8.jpg
《男性参加者に混じり、女性参加者の姿も多く見られる》

kangeiko15_9.jpg
《稽古の最後には焚き火を囲んで豚汁が振舞われる》(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。