スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空にそびえる駅が「INAKAイルミ」で浮かび上がる時

DSC5303.jpg
【宇都井(うづい)駅】

地上から高さ20メートルの「天空の駅」として全国的に名高い島根県邑南町のJR三江(さんこう)線・宇都井駅で、大変楽しいイベントが行われました。
11月28日(土)・29日(日)の午後5時から午後8時30分の時間、駅をイルミネーションで彩る「第6回・INAKAイルミ」が開催され、全国のファンが両日で約8,000人(実行委員会発表)訪れました。

駅のホームや橋脚が青い光で点灯されると、訪れた人たちから大歓声が上がりました。
地上には各種のA級グルメ、屋台村などもお目見えして、にぎわいイベントは大成功裡に終了しました。

現在、三江線では乗車率が低迷し、路線の存続問題に発展しているなか、地域の努力などで三江線を残せるよう願う光に応援の声が高まってきているといいます。

DSC531422.jpg
DSC532922.jpg
【JR三江線マップ】

DSC5354.jpg
【「天空の駅」への景観】

DSC5318.jpg
【「天空の駅」から町並みを展望(69世帯129人が住む宇都井地区)】

DSC5203.jpg
【イルミネーションで浮かび上がった宇都井駅と列車】

DSC5298.jpg
【A級グルメの屋台が並ぶ】

DSC5335.jpg
【最終列車の見送り風景】(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。