スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

益田市の「市花」スイセンが見ごろ

suisen1601.jpg
【荒波に向かって咲き誇るスイセンの花】

冬の日本海を望む「唐音(からおと)水仙公園」に約200万株の日本スイセンの花が咲き誇り、見ごろを迎えています。今月20日ごろまでが最盛期です。
スイセンが自生していた鎌手地区の住民が平成5年から植栽をつづけ、現在は約3ヘクタールに達して国内最大級となっています。
現在は「市の花」の指定を受け、毎年1月の半ばごろウォーキングなどを開催して、冬の風物詩となっています。

suisen1602.jpg
【地元の「ふるさとおこし推進協」が中心となり、20年の月日をかけて次々と山の斜面を耕した】

suisen1603.jpg
【今では3ヘクタールもの面積に達して国内最大級の水仙公園となった】

suisen1604.jpg
【冬の日本海を借景に見事な景観美を演出。遠方に見える高島(無人島)を融合して1枚の絵となる】
(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。