スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲睦まじく絆を深めるオシドリの夫婦

osidori2016_0.jpg


昨年に続き、今年も北へ旅立ちする前のオシドリたちの生態を特集します。
オシドリはカモ類の中でも特異な生態を持ち、生息数も多くありません。島根県内では、準絶滅危惧種として登録されています。自然度のバロメータとしても貴重な種ですが生息基盤が脆弱で、今後さらに自然環境の悪化が進行する恐れもあり危惧されています。

冬季に国内で繁殖したり、大陸から冬鳥として渡来するオシドリの県内飛来地は高津川流域が最も多く、自然豊かな河川として定着しています。一部の個体は留鳥(りゅうちょう)として、国内に留まって繁殖しているという報告もあります。
今回、高津川に飛来後、多数のオシドリの新カップルが誕生しました。

オシドリは警戒心が強く、撮影が困難な野鳥です。県内に飛来してくる前の昨年10月、フォトクラブ高津川21の吉﨑佳慶会長は簡素な撮影小屋を準備し、今年3月1日から3月20日にかけ、夜明け前より6回の取材・撮影を敢行しました。
今回、北帰行する4月中旬までに一段と絆を深めている様子を撮りおろしの貴重な写真でご紹介します。

osidori2016_1.jpg
【清流に映えて】
オシドリの夫婦が一組、二組と睦まじく泳ぐ姿は、清流の色とマッチして見る人を和ませてくれます。

osidori2016_2.jpg
【自慢のオシドリ】
水質日本一に輝く高津川が「オシドリの越冬地」であることは、地域の自慢でもあります。

osidori2016_3.jpg
【まるで絵のように】
ピッタリと岩の上で寄り添うオシドリの姿が清流に映えて、まるで絵のようです。

osidori2016_4.jpg
【オシドリ夫婦】
3月半ばになると新カップルになったオシドリはピッタリと寄り添って行動を共にします。
この姿は、まさしく「オシドリ夫婦」の語源のとおりです。

osidori2016_5.jpg
【愛情表現】
オスのオシドリのこまやかな愛情表現

osidori2016_6.jpg
【羽を休める】
川辺の置くには2組の新夫婦が仲良く羽を休めながら絆を深めています。

osidori2016_7.jpg
【ハプニング①】
新カップルのメスのオシドリに向かって、突然、1羽のオスが急接近!

osidori2016_8.jpg
【ハプニング②】
メスは毅然として急接近してきたオスのオシドリをはねつけました。メスは強し!

osidori2016_9.jpg
【かたい絆】
3月半ばには、このようにかたい絆に結ばれたオシドリの夫婦が次々に生まれます。
来年も、生まれた子どもを連れて高津川に飛来してくることを願っています。
(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。