スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代のピンク開く!~益田・すくも塚古墳ハス池~

DSC_7675.jpg
《ハス池に咲く古代ハス》

益田市久城町の国史跡すくも塚古墳のハス池で、「2000年ハス」または「大賀ハス」とも呼ばれている古代ハスが淡いピンクの大輪を次々と咲かせています。このハスは、2001年に荒神谷史跡公園(出雲市)から蓮根を譲り受け、地域住民で結成された久城伝承文化顕彰会(会員数20名)が世話を続けながら、大切に育てられてきたものです。
久城伝承文化顕彰会の会員の皆さんは、「地元のシンボルの古墳と併せて多くの人たちに歴史を感じてもらっている」と意気込んでいます。ハスは7月中旬頃から咲き始め、8月中旬頃まで楽しめます。
今回の「キラリ!石見の光と風」では、7月中旬からおよそ1ヶ月の期間、「2000年ハス」を密着取材したフォトクラブ高津川21さんから提供いただいた写真をご紹介します。

DSC_7463.jpg
《開花5日前の花のつぼみ》
シオカラトンボにとっては格好の休憩場所になっています。

DSC_7686.jpg
《開花2日前のハス》
色彩も少しピンク色になり、つぼみの形もふっくらとしてきました。

DSC_7643.jpg
《いよいよ開花の朝》
早朝5時半から6時頃の様子。陽が射した姿は神秘的でもあります。

DSC_7615.jpg
《開花したハス》
早朝7時半から8時頃にかけて開花が完了。ピンクの花弁と黄色の花芯の様は言葉では表現できない美しさをしています。

DSC_7634.jpg
《午前9時頃のハス池》
葉の緑とピンク色をしたハスの花のコントラストがとてもきれいです。

DSC_7696.jpg
《開花4日目》
花全体が次第に色あせて、白っぽくなってきます。開花5~6日目頃には、花弁は散ってしまいます。

DSC_7458.jpg
《ハスの語源「ハチ巣」状態の古代ハス》
花が散ったあとの花芯は、まるでハチの巣のようです。
(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。