スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~300年の時をつむぐ~ 国指定名勝・堀庭園(奥津和野)

DSC_4870.jpg

津和野町中心部から約10km上流の畑迫(はたがさこ)地区。
ここに300年の歴史をつなぐ元銅山の天領差配家であった堀家の旧庭園があります。
畑迫地区では『四季に映える天領の里』づくりに地域住民も立ち上がり、様々な企画のもと年々活気がみなぎっているようです。
中でも県内外の観光客から大好評を得ているのが晩秋を彩る楓の紅葉の景観です。
今年も11月10日過ぎ頃から、一目美しい紅葉の絶景を見ようと中国地方や北九州からマイカーで訪れる観光客を含むたくさんの車の列で混雑しているようです。
今回、フォトクラブ高津川21のメンバーが快晴だった11月13日(日)に撮影した現地の様子をご紹介します。(ちなみに、撮影日の1日だけで500台以上の自家用車が現地を訪れたようです。)

DSC_4991.jpg
屋敷前の道路や敷地内に紅葉した楓が溢れている。

DSC_4974.jpg
樹齢数十年以上の楓の大木が重なり合ってグラデーション効果を演出している

DSC_4958.jpg
屋敷の裏山も数々の楓が植樹されていて、その美しさに圧倒される。イチョウや白壁とのコントラストが素敵です。

DSC_4967.jpg
多数の蔵が建つ佇まいは、かつての堀家を彷彿とさせる。

DSC_4895.jpg
客殿「楽山荘」の庭園が堀家庭園の中心的存在。豪華絢爛たる庭に感動。

DSC_4915.jpg
この見事な楓は京都産の名木。木々の管理も大変との事です。

DSC_4937.jpg
池には多数の恋が泳ぎ回り、見る人を和ませる。

DSC_4917.jpg
家族連れやグループの姿が多い。紅葉を写真撮影する人たちの姿も多く見受けられる。

DSC_4934.jpg
楽山荘2階からの展望も素晴らしく、多くの人たちが美しい庭園の景色を楽しんでいました。
なお、堀庭園の紅葉の見頃は、11月25日(金)頃までです。

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト

石見地方の秋祭りスケッチ~益田市・遠田八幡宮例祭~

aki2016_01.jpg
《狛犬》
神社の社殿の前に置かれる。一対の獅子に似た魔よけの犬。高麗から日本に伝わった。

10月は、この1年の収穫に感謝し、来年の豊穣と家内安全を祈願するため、各地で秋祭りが行われます。秋祭りの前夜祭には、神楽が奉納されることが多いです。
いずれも、今日まで絶えることなく継続してとり行われているもので、益田市の人口減少が著しい山間部では、規模を縮小しながらでも継続し続けています。
昔の秋祭りは、1年の最大行事として地区民総出でにぎわい、参道に多くの出店も出て、子どもたちにとっても大きな楽しみでした。
今回、益田市安田地区最大の遠田(とおだ)八幡宮例祭にお邪魔しました。

aki2016_02.jpg
《神社の風景》
数十本の”のぼり旗”が立てられ、祭を演出する。

aki2016_03.jpg
《ご神体を安置したお神輿が出される様子》
担ぎ手は白装束に身を包む。

aki2016_04.jpg
《お神輿が地区全域を廻る前に、神社の高台で出発祭》
必ず巫女舞が行われる。

aki2016_05.jpg
《巫女の衣装》
日本の伝統を感じるデザインが美しい。

aki2016_06.jpg
《御神幸(ごじんこう)の出発》
いよいよお神輿と共に、御神幸が出発します。

aki2016_07.jpg
祭の役員に選ばれた地区民は、正装に身を包み、田畑の広がる農道を笑顔で練り歩く。

aki2016_08.jpg
巫女さんや神主さんも笑顔で御神幸に加わる。

aki2016_09.jpg
御神幸の中心は、何と言ってもお神輿。
最近では、若者の減少に伴い、軽トラックで廻る集落も増えているそうです。

aki2016_10.jpg
時折、スピードを上げながら威勢の良さを演出!

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。