スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石見地方の冬の風物詩“滝行”~浜田市・二ノ滝~

DSC_0100.jpg
冷水を受けながら滝行をする僧侶

今年は温かい元旦を迎え、各神社・仏閣は例年より2~3割多い初詣客で賑わったようです。
二十四節気の「小寒」にあたる1月5日頃より冬の寒さが厳しさを増してきた感があります。
そうした中、県下でも珍しい“滝行”を浜田市・竜泉寺が行っています。竜泉寺の滝行は江戸時代から始まって以来、毎年行われています。今年は県東部の若手僧侶や檀家ら計17人が参加し、県内外の報道カメラマンやアマチュアカメラマン約20人が見守る中で、厳かに行われました。当日の気温は最高気温8.5℃と平年より2度ほど低い中、今年一年の無病息災と飛躍を祈願しました。

DSC_6329.jpg
写真の奥に小さく写っている表示板から100mほどくだると滝に到着します。

DSC_6338.jpg
たき火の準備をする檀家の方たちの後ろに、高さ15mの二ノ滝が見えます。

DSC_6353.jpg
午前10時半、5人の僧侶たちが祈願堂に到着しました。

DSC_0013_201701160938041e1.jpg
滝行の前に、檀家の方々の無病息災祈願の仏事がとり行われます。

DSC_0052.jpg
滝行の始まりから終わりまで太鼓が鳴り響きます。

DSC_0048.jpg
滝行の儀式が次々ととり行われます。

DSC_0040.jpg
祈る檀家の方々の姿。

DSC_6369.jpg
下帯姿で滝に入ったベテラン僧侶。2~5分ほど滝に打たれながらお経を唱え続けます。

DSC_6455.jpg
DSC_6479.jpg
若手僧侶の姿が心に残りました。

DSC_6498.jpg
最後に、3人での滝行。見守るカメラマンたちも身の引き締まる思いでした。

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。