スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の「お月見会」も大盛況でした~益田市久城町専光寺~

秋のお月見会は地域によって様々な形状がありますが、お寺の婦人部会主催の「お月見会」は珍しいのではないでしょうか?
今回ご紹介するお月見会は、婦人部の皆さんが毎回工夫を重ねてこられ、今年で9回目の開催ということでしたが、現在では評判のイベントとして定着してきているようです。

通常、お茶会中心での会が多いようですが、この会は音楽会が中心になっています。出演するのは、アマチュア中心の皆さんで、まさに手づくりの音楽会です。集まった方々と共に月を愛でながら、秋の夜を楽しむというリラックスした雰囲気が印象的なお月見会でした。

0036.jpg
《名月とすすき》

5868.jpg
《籠とうろう》

9904.jpg
《かがり火》

9875.jpg
《お茶席》

9908.jpg
《琴演奏》

9935.jpg
《ギター演奏》

9923.jpg
《頭上に名月》

9950.jpg
《観覧者たち》

9966.jpg
《テノール》

5846.jpg
《本堂夜景》

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト

広大な白いジュータンに感動!~浜田市三隅町井野地区~

6035.jpg


夏に掲載した記事、「16万本のヒマワリに満面の笑顔!~浜田市三隅町井野地区~」の文中で、ヒマワリを刈り取った後はソバを栽培するという計画をご紹介しました。
フォトクラブ高津川21では、9月中旬ごろ地元の方たちと接触して10月初旬まで数回程度、取材をさせていただく許可を得ました。

井野地区の老人会(約50名)で構成された野山嶽農耕百歳部会の『夢ファクトリー』(島根いきいきファンド助成事業)事業は、夏はヒマワリ栽培、秋はソバ栽培で地域の活性化を目指しているとのこと。今年もヒマワリを刈り取った後、8月20日にソバの種子を蒔き、刈り取るのは10月20日ごろ。約2ヶ月で収穫となります。
「広大な白いジュータンに圧倒され、感動した」というフォトクラブ高津川21の吉﨑会長が撮影した写真8点で、現地の様子をご紹介します。

0057.jpg
《広大なソバ畑》 花はまだ3分咲きです。(撮影日:2017年9月10日)

5650.jpg
《花はすでに満開》 白いジュータンらしくなりました。(撮影日:2017年9月末)

9302.jpg
《夕霧がわく頃》 薄茜色の空と白いソバとのコントラストが幻想的でした。(撮影日:2017年9月18日)

9320.jpg
《チョウも盛んに活動》 ソバの花も少しずつ成長が進んでいます。(撮影日:2017年9月初旬)

1171.jpg
《ついに白いジュータンが完成》 (撮影日:2017年9月25日)

5577.jpg
《ソバの花》 花は更に成熟度を増してきたようです。(撮影日:2017年9月末)

5558.jpg
《ある日の昼下がり》 夢ファクトリーの一員である、笑顔が素敵な女性会員たちに出合いました。(撮影日:2017年9月末)

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。