FC2ブログ

浜田市の二ノ滝で僧侶ら滝行!

DSC_2535.jpg
下帯姿で冷水に激しく打ちつけられながらの滝行

今年の元旦も暖かい日に恵まれました。しかし、例年「小寒」にあたる1月5日頃より寒さが一段と厳しくなります。
今や石見地方の冬の風物詩として定着した浜田市の龍泉寺の滝行が、浜田市三階町の三階山にある高さ15メートルの二ノ滝で1月5日に行われました。笹部一真住職(60歳)のほか若手僧侶、一般市民や県内外のカメラマンなど約30名が見守る中で、今年一年の無病息災と五穀豊穣など祈願しました。ちなみに、当日の最高気温は平年より1.3度低い、8.7度でした。

DSC_2469.jpg
滝行は午前10時30分より、祈願堂での仏事からスタートします。

DSC_2510.jpg
午前11時頃より、いよいよ滝行へ。
日蓮宗・龍泉寺の住職ら10名によるお経の唱和が谷に響き渡ります。

DSC_2545.jpg
檀家らも滝行が終了するまで「南無妙法蓮華経」を繰り返し唱え、気持ちを引き締めます。

DSC_2533.jpg
二ノ滝からの冷水が激しく岩を打ち付けます。

DSC_2520.jpg
いよいよ滝行へ。10人が臨みます。

DSC_2526.jpg
《滝行(1)》
滝に打たれながら、一心不乱にお経を唱える若い僧侶。

DSC_2563.jpg
《滝行(2)》

DSC_2550.jpg
《滝行(3)》
今年初めて参加した一般市民の方の不安げな様子…

DSC_2572.jpg
《滝行(4)》
大学受験に備えて初参加した青年は、住職(左)と一緒に滝行を行いました。
冷え切った身体を拭きながら、ホッとした瞬間です。

DSC_2568.jpg
滝行が終わり、感謝のお経が唱えられて、無事終了となります。

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト