薫風を泳ぐこいのぼりの絶景~江津・益田・津和野~

DSC_2754.jpg

5月5日は端午の節句の日。子どもの人格を重んじ、その幸福を願う日です。
厳しい低温と積雪に悩まされた冬が去り、今年は春が短く、一気に早い初夏を迎えました。石見地方の各地でも、4月下旬から5月5日にかけ薫風が吹きしきり、鯉のぼり・新緑・さまざまな花の開花が満喫できるシーズンとなりました。

今回、江津市川戸、益田市の県立万葉公園や匹見川の白岩地区、津和野の県立公園・青野山、旧左鐙小学校の広場の鯉のぼりの様子をご紹介します。

DSC_1556.jpg
津和野町耕田の麓耕(ろくごう)地区は、青野山と共に島根県立公園です。
100匹の鯉のぼりが、青野山や農家の鯉のぼりと融和して絶景を演出しています。

DSC_5886.jpg
近くには県有数の茶園が多くあります。
そのひとつ秀翠園では、八十八夜(5/2)に新茶摘みツアーが開催され、県内外から多くの人が集まりました。

DSC_5768.jpg
青野山、100匹の鯉のぼり、青い空、ツツジ、茶畑、そして、赤い石州瓦のコントラストは、1枚の絵になります。

DSC_2722.jpg
棚田の上空を、薫風にのって心地よさそうに泳ぐ鯉のぼりたち。

FH000001 (2)
水が張られた田に映る鯉のぼりの光景は圧巻です。

DSC_2681.jpg
2年前に廃校となった左鐙小学校の跡地は、貴重な地域のセンターとして活用されています。

DSC_2700.jpg
週末の土曜日、日曜日には、多くの親子が集まり、センターの広場は活気がみなぎります。

DSC_2714.jpg
美しい芝生の上に映し出された、元気に泳ぐ鯉のぼりのシルエット。

DSC_2659.jpg
県立万葉公園の上空を泳ぐ100匹の鯉のぼり。「天空の鯉のぼり」として評判です。

DSC_2663.jpg
万葉公園を訪れた保育園児たちの嬉しそうな光景に心が踊ります。

FH000002 (2)
高津川水系の匹見川(白岩地区)。
日本一の清流を泳ぐ鯉のぼりに癒やされます。

DSC_2696.jpg
中国太郎の異名をもつ江の川。
桜江町川戸地区では、2本のワイヤーロープが張られ、80~100匹の鯉のぼりが泳ぐ豪快な光景が広がります。

FH000003 (2)
「えんこう祭」は、川戸地区に500有余年つづく祭。
毎年5月5日の端午の節句に行われる水神祭です。
※ちなみに、「えんこう」とは河童の事です。

DSC_3091.jpg
「えんこう祭」神事は、多くの地区の親子などが神社に集まって開催されます。
当日は、子ども神輿が町内を練り歩きます。

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)
スポンサーサイト