FC2ブログ

雪の小山を見るような大平桜に感動!

DSC_1756.jpg
《今年の「大平桜まつり」のポスター。まつりの当日まで散らないで欲しいですね!》

国の天然記念物に指定されている浜田市三隅町矢原の「三隅大平桜」が、例年より1週間ほど早い3月30日に満開を迎えました。
大平桜は、エドヒガンザクラと山桜の特徴が混じった、大変貴重な品種です。推定樹齢は690年。根元周囲5.38メートル、樹高17.0メートルという巨木です。花は白色で、満開時には枝ぶりの雄大さから、あたかも雪の小山を思い起こさせます。

今年は、夜間のライトアップに使う光源を、水銀灯からLEDに変えたため、桜の花が一段と美しく彩られています。
ライトアップされた大平桜を見ようという人たちや、写真におさめようと駆け付けたカメラマンの姿も一段と多く、皆、満足そうな様子で楽しんでいました。

DSC_1714.jpg
《大平桜は、所有者である大平家(上写真)の祖先が、馬をつなぐために植えたものだと伝えられています。》

DSC_1702.jpg
《今年は、近年にない見事なまでの鮮やかな花を古木いっぱいに咲かせたようです》

DSC_1713.jpg
《根元周囲6メートル近い大木は、かつて幹枝が11本ありましたが、火事や台風などの被害で、現在は4本が残っています》

DSC_1729.jpg
《県内外からの見物客やカメラマンたち。大平桜の前は、大混雑です》

DSC_1706.jpg
《エドヒガンザクラと山桜の特色が混ざった、白色の美しい桜です》

DSC_1768.jpg
《ライトアップをLEDに変えたため、より一層豪華な雪の小山が出現しました》

DSC_1819.jpg
《夜桜の魅力に酔いしれた見物客たちで、夜10時ごろまで賑わいました》

DSC_1810.jpg
《3月31日は、満月でした》

DSC_1802.jpg
《広場では、夕方ごろから数組のグループの酒盛りが始まりました》

DSC_1775.jpg
《アングルを変えながらライトアップされた姿を楽しみました。感動一杯!》

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)

雪化粧した名所の幽景を追って~益田市・津和野町~

DSC_0946.jpg
《飯田橋雪景》
益田地方で最も美しい吊り橋のひとつです。

益田地方の市街地は、同じ日本海に面した県の東部や山間部に比較して、例年、積雪量は極めて少ないです。
しかし、今年の冬は、全国的にも数十年ぶりの大雪に見舞われています。
益田地方の市街地にも、10~20cmの積雪があった日が数回ありました。
今回の「キラリ!石見の光と風」は、雪舟庭園などの地域を代表する名所が雪化粧した姿を収めた写真をご紹介します。

DSC_0928.jpg
《高津川雪景》
高津川は、水質の高さとアユの天然遡上が全国的に有名な清流のひとつです。

DSC_0915.jpg
《柿本(人麿)神社の中門》
益田は、万葉歌人・柿本人麿の終焉地と言われています。

DSC_0959.jpg
《万福寺本堂(国重文)》
本堂裏手にある雪舟庭園が有名です。

DSC_0967.jpg
《雪舟像と本堂》

DSC_0962.jpg
《雪舟庭園》
水墨画を彷彿とされる幽景美を見せる、寺院様式の庭園です。

DSC_0973.jpg
《医光寺の門》
元・益田城の門を移築したもので、県の重要文化財に指定されています。

DSC_0979.jpg
《雪舟庭園(国史跡)》
鶴池と亀島を基調として築庭された武家様式の庭です。

DSC_0986.jpg
《亀島の幽景美》

DSC_1008.jpg
《天空の津和野城跡の雪景》
山城として国の重要文化財に指定されています。

DSC_1031.jpg
《津和野・太皷谷稲成神社》
日本五大稲荷神社のひとつ。全国で唯一“稲成”と表記する稲荷神社です。

DSC_1035.jpg
《太皷谷稲成神社本殿の美しい雪化粧》

DSC_1064.jpg
《休火山・青野山の雪化粧》

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)

広大な白いジュータンに感動!~浜田市三隅町井野地区~

6035.jpg


夏に掲載した記事、「16万本のヒマワリに満面の笑顔!~浜田市三隅町井野地区~」の文中で、ヒマワリを刈り取った後はソバを栽培するという計画をご紹介しました。
フォトクラブ高津川21では、9月中旬ごろ地元の方たちと接触して10月初旬まで数回程度、取材をさせていただく許可を得ました。

井野地区の老人会(約50名)で構成された野山嶽農耕百歳部会の『夢ファクトリー』(島根いきいきファンド助成事業)事業は、夏はヒマワリ栽培、秋はソバ栽培で地域の活性化を目指しているとのこと。今年もヒマワリを刈り取った後、8月20日にソバの種子を蒔き、刈り取るのは10月20日ごろ。約2ヶ月で収穫となります。
「広大な白いジュータンに圧倒され、感動した」というフォトクラブ高津川21の吉﨑会長が撮影した写真8点で、現地の様子をご紹介します。

0057.jpg
《広大なソバ畑》 花はまだ3分咲きです。(撮影日:2017年9月10日)

5650.jpg
《花はすでに満開》 白いジュータンらしくなりました。(撮影日:2017年9月末)

9302.jpg
《夕霧がわく頃》 薄茜色の空と白いソバとのコントラストが幻想的でした。(撮影日:2017年9月18日)

9320.jpg
《チョウも盛んに活動》 ソバの花も少しずつ成長が進んでいます。(撮影日:2017年9月初旬)

1171.jpg
《ついに白いジュータンが完成》 (撮影日:2017年9月25日)

5577.jpg
《ソバの花》 花は更に成熟度を増してきたようです。(撮影日:2017年9月末)

5558.jpg
《ある日の昼下がり》 夢ファクトリーの一員である、笑顔が素敵な女性会員たちに出合いました。(撮影日:2017年9月末)

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)

16万本のヒマワリに満面の笑顔!~浜田市三隅町井野地区~

DSC_9937.jpg

猛烈な日差しが続くこの夏、浜田市三隅町の井野地区・野山嶽にある畑に、昨年から栽培を始めた16万本余りのヒマワリの大輪が咲き誇っています。色鮮やかな黄色い花と、遠くの山々とのコントラストが評判で、訪れる多くの人たちの目を楽しませています。

この風景は、同地区の高齢者クラブ連合会員50名が絶景の高台にヒマワリを栽培して、多くの方々に井野地区を訪れてもらおうとの発案から48アールの畑地を開墾して作られたものです。夏休み中の子どもたちに見てもらおうと少し遅めに種を蒔き、盆過ぎまで楽しめるように調整しているとのことで、自由に花を摘んで持ち帰っていただけるというサービスもあり、連日、多くの人たちで賑わっています。ヒマワリのシーズンが終わり、刈り取った後はソバを栽培して、秋には広大な白いジュータンがお目見えする計画をしているそうで、こちらも楽しみです。

DSC_9971.jpg
現地までの案内図が準備されるなど、行き届いた対応がされています。

DSC_9973.jpg
現地が近付くと、方向を示す案内板も設置され、スムーズに辿りつくことが出来ます。

DSC_9888.jpg
野山嶽を背景に、若い2人が記念写真。

DSC_9854.jpg
夏の日差しを浴び美しく輝く16万本のヒマワリに圧倒されます。

DSC_9940.jpg
山々の緑とヒマワリの黄色のコントラストの美しさに感動。

DSC_9954.jpg
花摘みに夢中です。

DSC_9944.jpg
一面に広がるヒマワリの姿を見て、みなさん満面の笑顔になります。

DSC_9945.jpg
保護者と一緒に、夏休み中の子どもたちが次々と訪れます。

DSC_9967.jpg
2人の女子学生が、喜びを体で表現してくれました。

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)

キラリ!清流高津川~清らかで自然の恵みあふれる一級河川~Part2

今回の「キラリ!石見の光と風」は、前回掲載した高津川の様々な四季の風景part2をお届けします。

FH000002(1).jpg
《ツガニ漁》
盆過ぎから10月にかけてが“ツガニ”の漁期です。ちなみに、味は抜群との事。

FH000003d.jpg
《名月》
中秋の名月が高津川の川面を照らします。

火振り漁のアユ
《繰込(くりこみ)漁》
繰込漁とは、夜のアユ漁。9月以降の落ちアユ漁のひとつです。

DH000014a.jpg
《収穫の秋》
中垣内(なかがうち)棚田は、日本棚田100選のひとつ。

FH000021a (2)
《朝焼けの日》
夕方に仕掛けたうなぎの取り込みのため、早朝に出航します。

1001-488a.jpg
《丈高(たけだか)漁》
高津川の伝統漁法。1回で50匹以上のアユがとれます。

DSC_5489.jpg
《赤ソバ畑》
高津川上流の吉賀町は、ソバの産地。最近は、“赤ソバ”が人気者です。

あ
《飯田橋夕景》
夕方、飯田橋の上空を川鵜が家路を急いでいます。

12.jpg
《紅葉》
匹見峡は紅葉の名勝地。毎年、多くの観光客で賑わいます。

SL(津和野川)
《晩秋の津和野路》
JR山口線(山口~津和野)では、週末にSLが運行されます。

15.jpg
《オシドリ夫婦》
高津川は、鳥取県の日野川と並ぶオシドリの飛来地となっています。

FH000001h.jpg
《晩秋》
紅葉が終わると、山は初冬の景色へと変わっていきます。

FH000008a.jpg
《日の出》
中国山地からの日の出は実に美しく見えます。

16.jpg
《雪景》
匹見渓は、12月末には初雪を迎え、水墨画を思わせる景色を見せてくれます。

DSC_2964.jpg
《餌を求めて》
匹見の上流部は、春まで雪に閉ざされます。

(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)