スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報・ゲンジボタル乱舞~益田市沖田川~

hotaru01.jpg
《写真右上には民家の明かりも見える》

益田市内の沖田川上流域の益田市下種町では、ホタルの乱舞がピークを迎えています。
夏の風物詩でもあるホタルの乱舞。県西部の津和野川、三谷川、益田川、二条川などが有名な鑑賞スポットとなっています。
津和野川は昨夏の水害の影響で、今年は厳しい状況ですが、今回、写真した沖田川は西石見地方でも最大のホタル狩りのスポットです。なお、三谷川、二条川などでも、今が見ごろです。

[交通]グラントワから車で約20分

hotaru02.jpg
《乱舞するゲンジボタル》

ホタルは日没後の午後8時頃から、淡い光を放ちながら一斉に飛び立ちます。
数百匹のゲンジボタルが乱舞する幻想的な光景。まさに「フィールドミュージアム」そのものです。

hotaru03.jpg
hotaru04.jpg
《草むらで羽を休めるホタル》

hotaru05.jpg
《交尾の様子》

hotaru06.jpg
《昼間の沖田川の光景》 ※写真2枚目の夜の光景と見比べてみてください。

hotaru07.jpg
《1匹のホタルの幼虫が成虫になるまでの間に、約20個のカワニナ(巻貝)を食べます》
(写真提供全て・フォトクラブ高津川21)


寒風と荒波の寒げいこ

日本海の荒波が打ち寄せる冬の持石海岸では、老若男女90人の空手部員たちが新しい年の精進・向上を誓って寒げいこに臨みます。ここは県内有数の白砂が続く名勝地。夕陽100選でも有名です。

k0.jpg
《冬の持石海岸》

k1.jpg
《寒風の中、5kmのランニングで会場に到着》

k2.jpg
《砂浜に正座してけいこ始めの挨拶》

k3.jpg
《一同並んで基本、応用練習》

k4.jpg
《幼稚園児や小学生らも多数参加》

k5.jpg
《ベテランによる古武道の組手》

k6.jpg
《寒風の中、波しぶきを浴びて猛げいこ》

k7.jpg
《けいこの後はたき火で暖を取ります》

k8.jpg
《みんなであつあつの豚汁に舌鼓》

k9.jpg
《「やったねー!」飛び跳ねる部員たち》(写真提供(全て)・フォトクラブ高津川21)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。